乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~ 総評(フルコンプ感想)


「華鬼 恋い初める刻 永久の印」のレビューです。
シナリオ、キャラクター、糖度、CG、BGM、システム等を独断と偏見で5段階評価しました。
※辛口感想です。ご注意下さい。1周目感想をベースにしております。
満足【 5 4 3 2 1】不満

■シナリオ【1】
ボリュームはありません。共通ルートから個別ルートに分岐します。気持ちの悪くなる話です。描写不足・ブツ切りシナリオ、代替表現が必要な単語の使用(トイレ・生理)、バリエーションの少ないセリフ・地の文(コピペレベル)、ワンパターンな展開(襲われる→助けられるの繰り返し)と残念クオリティです。

■キャラクター【1】
攻略対象キャラ6人です。フルボイスです。魅力は感じられませんでした。バックグラウンドが見えてこない(描写不足)ので共感しようがありません。ベクトルは違えど鬱陶しさを覚えるキャラが多かったように思います。

■恋愛要素【1】
微エロが売りなのでしょう。ただイチャつかせてるだけなので物語としての面白みはありません。

■スチル(CG)【3】
無難なスチルです。各キャラ差分スチル込みで14枚~25枚です。配色の悪さが少々気になりました。顔の影は明らかにおかしいと思います。(閣下呼びしたくなるキャラが二名ほど)

■音楽(BGM)【2】
OP曲は可もなく不可もなく、ED曲はとくに印象に残りませんでした。BGMは微アレンジしただけのいつものオトメイトクオリティです。外注にした方が良いと思います。

■システム【4】
テキストを読み進めるアドベンチャー形式です。データインストール対応でサクサクプレイできます。クイックセーブ&ロード、履歴システム等は快適です。制限時間選択肢は面倒ですが、予告ありの親切仕様です。

■おまけ【2】
画像鑑賞、動画鑑賞、心覚え、プロフィールと寂しいおまけです。

■満足度【1】
華鬼の花嫁として鬼ヶ里に連れてこられた主人公・神無が攻略キャラ(鬼)と絆を深めていく恋愛AVGです。
暴力、嫉妬のオンパレードとなかなかハードな乙女ゲーです。攻略キャラの目的:繁殖、プレイヤー(管理人)の目的:恋愛、この違いは決定的でした。原作者の方の発想力にはある意味感服です。

■こんな方におすすめ
原作ファンの方、Web・ケータイ小説(クオリティ)に免疫のある方、微エロ好きな方におすすめします。シナリオ重視の方、ノベルゲーが苦手な方は手を出さない方が良いでしょう。

■主人公・朝霧神無について
暗いですが鬱陶しさは感じませんでした。名前変更可能です。デフォ名(神無)呼びはありません。

■おすすめ攻略順
木籐華鬼→高槻麗二→士都麻光晴→早咲水羽→堀川響→貢国一
上記攻略順で良いと思います。公式の並び順です。

※当ブログの記事の転載・模倣はご遠慮下さい。
当ブログの感想をパクる方がいますが、自分自身が感じたことを自分の言葉で感想を書くことができないのでしたらブログを運営する意味はないと思います。

ゲームブログ 乙女ゲー

■キャラ別攻略
木籐華鬼 (CV:前野智昭)
高槻麗二 (CV:野島裕史)
士都麻光晴 (CV:興津和幸)
早咲水羽 (CV:梶裕貴)
堀川響 (CV:鈴村健一)
貢国一 (CV:伊藤健太郎)
■キャラ別感想
木籐華鬼 (CV:前野智昭)/士都麻光晴 (CV:興津和幸)
高槻麗二 (CV:野島裕史)/早咲水羽 (CV:梶裕貴)
堀川響 (CV:鈴村健一)/貢国一 (CV:伊藤健太郎)

【PSP】華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~ 2011年3月17日発売
【VFB】華鬼 恋い初める刻 永久の印 公式ビジュアルファンブック 2011年6月15日発売

ゲームブログ 乙女ゲー


| 華鬼 | 19:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。