乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二世の契り 感想 山本勘助

「二世の契り (にせのちぎり)」山本勘助ED 感想 (CV:櫻井孝宏)
※ネタバレあります。ご注意下さい。

攻略キャラの中でただ一人、恋愛に積極的だった武田の軍師・勘助(道鬼斎)。
しかし、向けられた好意は全て奏に対するもの。「二世の契り」というには少々違和感を覚えました。

奏と真奈。
性格も暮していた土地も辿る運命も全く違う二人。真奈が持っていた「奏の記憶」だけで同じ魂であると結びつけるのは少々強引のような気がしました。リンクする部分があまりに少ない。そもそも、その夢(記憶)自体もなぞ過ぎて説得力に欠けます。奏と同じ運命(七つ鈎の里展開)を辿る真奈を今度こそ勘助が救うというベタな展開で良かったのではないでしょうか。

『その名前(奏)でしか、呼んでくれないんだね』
『今度は、お前が待っていろ。――真奈』
勘助の気持ちの切り替えの早さに唖然としたのは言うまでもありません(笑) ルート中盤で真奈と心を通わせてくれていたら、『待っていろ』のセリフが活きただろうにと残念に思いました。

そして、三百年分の想いと四百五十年分の想い。
勘助の一途さには感心しましたが、見せて欲しかったのは三百年分の奏への想いではなく四百五十年分の真奈への想いです。FDに期待しましょう。

そんなシナリオの不満を吹き飛ばしてくれたのが勘助の声です。色気あり過ぎでしょう。もうそれだけで満足しました(笑)

セクシーボイスが堪能できる勘助ルートでした。

ゲームブログ 乙女ゲー

■攻略メモ
「二世の契り」攻略 山本勘助
■キャラ別感想
暁月 (CV:近藤隆)
翠炎 (CV:津田健次郎)
秋夜 (CV:前野智昭)
雅刀 (CV:前田剛)
小島弥太郎 (CV:てらそままさき)
刀儀兼久 (CV:大塚昭夫)

ゲームブログ 乙女ゲー


| 二世の契り | 22:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。