乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CLOCK ZERO(クロックゼロ) 終焉の一秒 総評(フルコンプ感想)


「CLOCK ZERO(クロック・ゼロ) ~終焉の一秒~」フルコンプです。独断と偏見でレビュー(5段階評価)しました。
満足【 5 4 3 2 1】不満
※当ブログの感想・攻略記事の転載、模倣、パクリ(抜粋)はご遠慮下さい。
当ブログの感想をベースにする(こう言ってる人もいるけど、私は違うと下地に使う)方やパクる(単語・言い回しを微妙に変え抜粋して使う)方がいますが、もはやそれはオリジナルの『ゲームの感想』ではないと思います。ただの『他人の感想』であり『感想(ブログ)の感想』と言えるでしょう。
自分自身が感じたことを自分の言葉で感想を書くことができないのでしたら、ブログを運営する意味はないと思います。ブログ閉鎖をおすすめします。

■シナリオ【4】
ボリュームあり。共通ルートから個別ルートに分岐。切なく哀しいストーリー。シュールな笑い。ややクセのある文体ですが、描写は丁寧です。小学生・大人時代と二度楽しめます。大団円EDはありません。

■キャラクター【5】
攻略対象キャラ5人。攻略制限あり。フルボイス。個性的で魅力あるキャラクター。程度の差はあれ、とりあえず病んでます。キャラ同士の掛け合いが楽しい。キャラ萌えもできると思います。

■恋愛要素(糖度)【5】
とても甘い。小学生パートは友情・初恋イベント(布石の役割)、大人パートは恋愛イベント。各キャラほぼ漏れなく特殊な形の悲恋がついてきます。

■スチル(CG)【4】
スチルは各キャラ13枚前後です。正面顔は美しいが、横顔は残念クオリティ。塗りでカバー。

■音楽(BGM)【5】
OP・ED曲どちらも作品に合っていると思います。秀逸なBGM、絶妙なタイミングの挿入歌。BGM・挿入歌ともにストーリーを盛り上げるという役割を完璧に果たしていました。

■システム【3】
テキストを読み進めるアドベンチャー形式。セーブスロット12個。強制&既読スキップ、クイックセーブ&ロード、履歴システム等は快適です。課題画面、タイトル画面、特典画面の読み込みが遅いように思います。入力式の課題は面倒臭い。パートナーによっては全く答えがわからない鬼仕様。

■おまけ【5】
ギャラリー(CG・MOVIE、一問一答、ごほうび)、BGM鑑賞、エンディングリスト、ボーナストラックと充実のおまけ。レインの一問一答は必見です。

■満足度【4】
2010年の秋霖学園と2020年の壊れた世界で攻略キャラと絆を深めていく恋愛AVGです。
シナリオ、キャラクター、BGM、全ての要素がうまくかみ合った作品だと思います。すっかりCZの世界に引き込まれました。満足です。
さて、公式サイトでキャラクター人気投票の結果が発表されました。(2011年2月1日)
理一郎、ビショップ、おめでとう。そして、ユーザーの皆さんのネタコメント、「踏んでくれー!!」と「あなたどこ製……っ!!」には笑わせてもらいました。ちなみに管理人は、秋霖学園verは加納理一郎に、壊れた世界verは神賀旭に投票させていただきました。ものすごーく悩みました(笑)

■こんな方におすすめ
切ないゲームが好きな方、ヤンデレが好きな方におすすめします。
『小学生』で躊躇するのはもったいない。小学生パートは、大人パート(恋愛イベント)の『布石』と捉えていただければよろしいかと思います。
自己投影派(主人公=自分)の方、ノベルゲーが苦手な方は手を出さない方が良いでしょう。テキスト量から見て、おそらくSLG派の方は積む(投げだす)ことになると思います。キャラ萌え目当ての特攻は無謀と言えるでしょう。

■主人公・九楼撫子について
お嬢様キャラ。気が強くて負けず嫌い。前向きな性格。お嬢様口調はなかなか新鮮でした。とくに悪い印象は持ちませんでした。苗字固定、名前変更可。デフォ名(撫子)呼びなし、九楼呼びあり。

■おすすめ攻略順
理一郎→終夜→円→鷹斗→寅之助
攻略制限あります。鷹斗は2周目以降に攻略可能です。
トラの帰還EDは真相を知った上で見てもらいたいと管理人は思っております。ご参考までに。
ちなみに、真相の近さは鷹斗(真相)→円→終夜(帰還ED)=理一郎(残留ED)→寅之助の順です。

ゲームブログ 乙女ゲー

■キャラ別感想
感想 海棠鷹斗/神賀旭 (CV:浪川大輔)
感想 加納理一郎/放浪者 (CV:前野智昭)
感想 英円/ビショップ (CV:鳥海浩輔)
感想 西園寺寅之助/反逆者 (CV:杉山紀彰)
感想 時田終夜/哲学者 (CV:石田彰)
■キャラ別攻略メモ
攻略 海棠鷹斗/神賀旭 (CV:浪川大輔)
攻略 加納理一郎/放浪者 (CV:前野智昭)
攻略 英円/ビショップ (CV:鳥海浩輔)
攻略 西園寺寅之助/反逆者 (CV:杉山紀彰)
攻略 時田終夜/哲学者 (CV:石田彰)

■関連商品
【PS2】CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ 2010年11月25日発売
【VFB】CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ 公式ビジュアルファンブック 2011年2月25日発売
【CD】CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ オリジナルサウンドトラック 2010年12月15日発売
【CD】CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ドラマCD ~正義の秘密戦隊ヘルズエンジェル第613話『黄昏の決戦』~ 2011年5月18日発売

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ


| CLOCK ZERO | 20:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。