乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デザート・キングダム 感想 シャロン・アダバット

「デザートキングダム」シャロン・アダバットED感想 (CV:松風雅也)
※ネタバレあります。ご注意下さい。

宰相閣下ドストライクです。

カタブツな宰相・シャロンと自由奔放な魔神・アスパシア。正反対とも思える二人が心を通わせていく様はとても楽しく微笑ましいものでした。

人間らしくない人間と人間らしい魔神。宰相の願い『王家の復活』とシャロンの願い『自由になりたい』。魔神設定とルーレットの特性をうまく活かしたシナリオに大満足です。

シャロンのキングダムのための自己犠牲とルーレットに表れない『真の願い』を巡りぶつかり合う二人。そんな中、展開されるイベントがかなりおいしい。舞踏会、イシュマールの恋愛相談、星空観察、看病イベント、別れのキス、『鉄の宰相』ならではの萌えどころが満載です。

なにより魅力を感じたのは、シャロンの『声』です。『公平に怜悧に、感情にゆだねることなく職務を――』というシャロンの語りは聞き惚れるほど。
そして、非常にゾクゾクさせられた囁きが、『それに……あの男はもう人間ではないよ、姫』(ヴィルート)と『これはただの花瓶です。棚に戻しておきますね』(魔神ルート)です(笑) 演技はもちろん、声自体がとても素敵だなと思いました。シャロンを魅力的なキャラクターにして下さった声優さんに感謝です。

さて、本編ではアスパシアに振り回されていたシャロンですが、ED後は逆に持ち前の嫉妬深さでアスパシアを振り回しそうな予感です(笑)

『あまりに甘酸っぱもどかしくてつい……』なシャロンルートでした。

※FDもPSP移植も絶望的な状況にあるDK、残念でなりません。(2011年1月25日現在)

■攻略メモ
「デザート・キングダム」攻略 シャロン=アダバット
■キャラ別感想
セラ (CV:KENN)
ヴィ (CV:野宮一範)
レジェッタ・サマル (CV:市来光弘)
イシュマール・ヤハヴ (CV:津田健次郎)
ウンバラバッパー (CV:寺島拓篤)
■フルコンプ感想
「デザートキングダム」総評

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ


| デザートキングダム | 21:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。