乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CLOCK ZERO(クロックゼロ) 終焉の一秒 感想 英円

「CLOCK ZERO(クロック・ゼロ) 終焉の一秒」英円 感想 (CV:鳥海浩輔)
※ネタバレあります。ご注意下さい。

ケンカップルです。
しかし、CZがただのケンカップルで終わらせるはずがありません(笑)

明かされるのは、撫子が事故に遭う原因と円がCLOCK ZEROに身を置く理由。円の「家族への執着」から始まる愛憎劇が楽しめます。

CLOCK ZEROの幹部である円は鷹斗との対峙は避けられません。
『――円。俺から逃げられると思うなら、逃げてごらん』
鷹斗の魅力全開です(笑) 円ルートの鷹斗は本人ルート以上に輝いていたと思います。

『――元の世界の【ぼく】に会いたいですか?』
CLOCK ZEROから脱出し、円の兄・央と合流するも、撫子は元の世界に帰るか帰らないかの選択を迫られます。
他ルートのように帰る必要があったり、無理やり帰らされるのではなく、実際に「選択」しての帰還です。ものすごく胸を痛めることになりました。

そして、なによりインパクトがあったのが、円のビフォーアフターです。ストラップ、ブレスレット、弱視、犬。11歳の可愛い円と21歳の【や】のつく自由業風な円を繋げてくれるアイテムはなかなか良かったと思います。
『……すみませんね、進歩がなくて』
【円】なのだとわかる、とても好きなセリフです。
それにしても、22歳の央が無駄にいい男すぎます。気になって仕方ありませんでした(笑)

誰よりも『劇的にびふぉーあふたー』な円ルートでした。

ゲームブログ 乙女ゲー

※当ブログの記事の転載・模倣はご遠慮下さい。

■攻略メモ
「CLOCK ZERO 終焉の一秒」攻略 英円/ビショップ
■キャラ別感想
海棠鷹斗/神賀旭 (CV:浪川大輔)
加納理一郎/放浪者 (CV:前野智昭)
西園寺寅之助/反逆者 (CV:杉山紀彰)
時田終夜/哲学者 (CV:石田彰)
■フルコンプ感想
「クロックゼロ 終焉の一秒」総評

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ


| CLOCK ZERO | 21:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。