乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薄桜鬼 黎明録 1周目感想


「薄桜鬼 黎明録」1周目(平助ルート)の雑感です。様子見されている方の参考になれば幸いです。
フルコンプ後は違う感想になると思います。ご了承下さい。
総評(黎明録フルコンプ感想)、キャラ別攻略メモ、感想upしました。

「薄桜鬼 黎明録」1周目感想 ※薄桜鬼本編=千鶴主人公の薄桜鬼
■シナリオ
ボリュームはあると思います。とにかく長いです。読み手を物語に引き込むような文章ではないと思います。
攻略キャラの試衛館時代、浪士組時代のエピソードはなかなか興味深かったです。薄桜鬼本編のようなシナリオのブレもありません。そして、意外とうまく薄桜鬼本編につなげているなという印象を持ちました。ただ、千鶴の終章は蛇足だったような気がします。
風間さんは芹沢ルートと三章バッドED(三ノ参&十六夜)に登場します。千鶴は各キャラの個別ルートラストとED曲後の終章(十六夜挿話)に登場します。

■キャラクター
とても魅力的です。既存キャラの立ち絵は使い回しです。目パチ口パクはありません。
各キャラの音量にバラつきがあることと棒演技な時のある龍之介が少々気になります。また声あり立ち絵なし主人公は初めてなので若干違和感を覚えます。
終章は千鶴(デフォ名)呼びあります。千鶴の声(CV:桑島法子)もついています。

■恋愛要素(甘さ)
龍之介と小鈴の恋愛は原田ルートと小鈴EDで見られます。
終章(十六夜挿話)は千鶴視点の薄桜鬼本編エンド後のエピソードなので多少の甘さはありますが、やはりそこは薄桜鬼、切なさの方が強いような気がします。

■スチル(CG)
大変綺麗なCGです。各キャラ14枚くらいです(差分スチル除く)。風間CGは3枚(芹沢1枚・千鶴2枚)、千鶴CGは12枚(薄桜鬼本編攻略キャラとのツーショット各2枚・風間含む)あります。

■音楽(BGM)
OP・ED曲ともに作品に合っていると思います。BGMは使い回し曲と若干アレンジした曲(新曲?)で全く面白味がありません。

■システム
強制・既読スキップ、クイックセーブ・ロード等は快適です。セーブスロットは12個です。

■雑感
最初に思ったことは「龍之介お前も足手まとい主人公か!」ということです(笑) まぁ攻略キャラを魅せるにはヘタレ主人公の方が都合が良いのでしょうが…。それにしても、龍之介殴られ過ぎでしょう。さすがに不憫に思います。
それから、攻略するとそのキャラのタイトルコールが追加される仕様はなかなか良かったです。正直龍之介のタイトルコールばかりでうんざりしておりました(笑)
黎明録は薄桜鬼本編をプレイ済みである方、愛してやまないキャラがいるという方は楽しめると思います。ノベルゲーが苦手な方、「新撰組」に思い入れのある方は手を出さない方が良いでしょう。
「薄桜鬼」は黎明録をもって補完・完結したという印象を持ちました。

※「薄桜鬼 黎明録」は薄桜鬼本編の前日譚で、主人公は井吹龍之介です。いわゆる『乙女ゲー』ではありませんのでご注意下さい。

【PS2】薄桜鬼 黎明録 2010年10月28日発売

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ


| 薄桜鬼 黎明録 | 22:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。