乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ワンドオブフォーチュン」総評(感想)


「ワンド オブ フォーチュン」メインキャラの恋愛EDのみクリアです。フルコンプを目指したいところですが、作業感が強くこれ以上のプレイは厳しそうなので総評です。メインキャラ友情ED、エルバートED、アミィED、ノーマルED(全属性ED)は、気力と時間がある時にでもプレイしてみようと思います。
独断と偏見でレビュー(5段階評価)しました。
満足【 5 4 3 2 1 】不満

■シナリオ【4】
シミュレーションにしては一捻りあるシナリオ。

■キャラクター【5】
攻略対象メインキャラ6人(恋愛ED、友情ED)、攻略対象サブキャラ2人(友情ED2人)。個性的で魅力あるキャラクター。フルボイス。キャラに合った声(声優)。キャラ萌えは確実にできると思います。

■恋愛要素(糖度)【4】
攻略キャラにより若干ばらつきはあるが総じて甘い。

■スチル(CG)【5】
大変きれいなスチルと立ち絵。

■音楽(BGM)【3】
作品に合ったOP。無難なBGM。個人的にはキャラクター別BGMは不要。

■システム【1】
バグあり。作業感(1日2回の行動選択×約100回)ともっさり感が酷い。

■おまけ【3】
無難なおまけ。

■満足度【2】
魔法学校を舞台にした明るいファンタジーです。
面白い(ような気がする)けれど眠くなるゲームは初めてでどう評価したら良いか迷いました。しかし、本当に面白いゲームだったら眠くはならないでしょう。実際、面白いと感じ、目が冴えてたのは最終試験の一週間だけだったような気がします…。オトメイトさんのいつものノベルゲーだったら、普通に楽しめたのではないでしょうか。
シナリオとキャラクターは大変良いのに、システム面に難ありの非常に惜しい作品です。PSP移植の際にはシステム(バグともっさり感)と解説書(ミッションとアイテムの説明)が改善されていると良いですね。

■こんな方におすすめ
作業ゲーが苦にならない方、原画家薄葉カゲローさんのファンの方におすすめします。 作業感が半端ないのでシミュレーションゲームが少しでも苦手な方は手を出さない方が良いでしょう。

■おすすめ攻略順
攻略制限はありません。お好みの順で攻略して問題ありません。ただ、アルバロは最初や最後ではなく真ん中あたりで攻略した方が精神的に良いと思います。
ちなみに管理人は、ラギ→ユリウス→ビラール→アルバロ→エスト→ノエルの順で攻略しました。ご参考までに。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ

■攻略メモ
攻略 ユリウス (CV:櫻井孝宏)
攻略 ノエル (CV:鈴木千尋)
攻略 ビラール (CV:高橋広樹)
攻略 ラギ (CV:柿原徹也)
攻略 アルバロ (CV:鈴村健一)
攻略 エスト (CV:入野自由)
■キャラ別感想
感想 ユリウス (CV:櫻井孝宏)
感想 ノエル (CV:鈴木千尋)
感想 ビラール (CV:高橋広樹)
感想 ラギ (CV:柿原徹也)
感想 アルバロ (CV:鈴村健一)
感想 エスト (CV:入野自由)

ゲームブログ 乙女ゲー

【PS2】ワンドオブフォーチュン 2009年6月25日発売
【PSP】ワンドオブフォーチュン ポータブル 2010年6月10日発売
【PS2】ワンド オブ フォーチュン ~未来へのプロローグ~(FD) 2010年2月25日発売
【PSP】ワンド オブ フォーチュン ~未来へのプロローグ~ ポータブル(FD) 2010年12月2日発売予定
【PSP】ワンド オブ フォーチュン2 ~時空に沈む黙示録~ 2011年春発売予定
スポンサーサイト


| ワンドオブフォーチュン | 22:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ワンドオブフォーチュン」感想 ノエル

「ワンド オブ フォーチュン」感想 ノエルED (CV:鈴木千尋)

身長175.5cm。その「.5」が全てを物語っているように思います。それでは6人目・ノエルです。

【キャラクター】
見栄っ張りで小心者の17歳の男の子。本人いわく「世界一の大魔法士」になる天才らしい。
愛すべき馬鹿キャラです。他キャラたちに完全に本性を見抜かれていて若干不憫に思います(笑)

【シナリオ】
最終試験は笑いに走るわけでもなく、かっこ良く決めるわけでもなく、少し中途半端に感じました。
デートやミッションが良かっただけに残念な感じですが、それがノエルクオリティかもしれません。
「ノエルの馬鹿!意地悪!甲斐性なし!」と主人公にけしかけられての必死の告白もノエルらしくて良かったと思います。
ノエルとルエノと主人公、なかなか楽しく賑やかな学校生活を送れそうですね。

【CG(スチル)】
4回目のデートスチル(ミラクルステッキ)は、ものすごいインパクトです。
「ラブリー大魔法!」に眠気も吹っ飛びました(笑)
ノエルのスチルはミラクルステッキをはじめ、パルーとの喧嘩やプーペとの抱擁など一味違ったスチルが楽しめます。

輝く青春、フェアリー・ドリーム!なノエルルート。ラブリーエンジェルなヘタレくんでした。

ゲームブログ 乙女ゲー

■攻略メモ
「ワンドオブフォーチュン」攻略 ノエル
■キャラ別感想
ユリウス (CV:櫻井孝宏)
ビラール (CV:高橋広樹)
ラギ (CV:柿原徹也)
アルバロ (CV:鈴村健一)
エスト (CV:入野自由)
■総評
「ワンドオブフォーチュン PS2」総合評価

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ


| ワンドオブフォーチュン | 21:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。