乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薄桜鬼 黎明録 総評(フルコンプ感想)


「薄桜鬼 黎明録」フルコンプです。独断と偏見でレビュー(5段階評価)しました。
※本編=千鶴主人公の薄桜鬼
満足【5 4 3 2 1】不満
※当ブログの感想をパクる方がいますが、自分自身が感じたことを自分の言葉で感想を書くことができないのでしたらブログを運営する意味はないと思います。(警告:JUGEMブロガーの方)

■シナリオ【4】
ボリュームあり。共通ルートから個別ルートに分岐。本編補完を担うシナリオ。ブレなし。終章(千鶴)は蛇足。

■キャラクター【5】
攻略対象キャラ6人。攻略制限あり。フルボイス。ブレなし。キャラ萌えはできると思います。

■恋愛要素(糖度)【-】
乙女ゲーではありません。千鶴(終章)に関しては、本編より甘さはあると思います。

■スチル(CG)【4】
綺麗なスチルと立ち絵。使い回しあり。別のスタッフが描いたのか?と思わせる微妙なスチル(沖田二枚、斎藤一枚)あり。

■音楽(BGM)【3】
作品に合ったOP・ED。本編使い回しBGMとオトメイトさんの過去作品アレンジBGM。

■システム【2】
テキストを読み進めるアドベンチャー形式。セーブスロット12個。強制&既読スキップ、クイックセーブ&ロード、履歴システム等は快適です。バグあり。セーブスロットの少なさは行軍録・編成録でカバーできてると思います。

■おまけ【3】
画像鑑賞、動画鑑賞、覚書、軌跡(シナリオ再生)とやや寂しいおまけ。

■満足度【3】
「薄桜鬼」はこの黎明録をもって補完・完結したという印象を持ちました。
本編より面白かったです。薄桜鬼オリジナル要素もうまく組み込まれており、綺麗にまとまっていたと思います。なによりシナリオ・キャラ共にブレがなかったところが評価できます。辻褄合わせを完全に放棄し超絶パラレルワールド(個別ルート)を展開していた本編を思うと、なかなか感慨深いものがあります(笑) ただ、千鶴を出したのは失敗だったように思います。終章は見事に蛇足でした。

■こんな方におすすめ
薄桜鬼本編ありきの作りです。本編プレイ済みの方、愛してやまないキャラがいるという方、原画家カズキヨネさんのファンの方は楽しめると思います。本編未プレイの方、ノベルゲーが苦手な方、「新撰組」に思い入れのある方は手を出さない方が良いでしょう。

■主人公・井吹龍之介について
基本的に足手まとい。千鶴よりはマシ。声優さんの演技がイマイチ。

■雪村千鶴について
各キャラの個別ルートラストとED曲後の終章(十六夜挿話)に登場。千鶴(デフォ名)呼びあり。千鶴の声(CV:桑島法子)あり。声優さんの演技がイマイチ。

■おすすめ攻略順
攻略制限あります。芹沢さんは土方さん攻略後にルートが開放されます。
芹沢さん用の追加選択肢が鬱陶しいので、土方さんの攻略は五番目が良いと思います。
管理人は平助くん→斎藤さん→原田さん→沖田さん→土方さん→芹沢さんの順で攻略しました。ご参考までに。

※「薄桜鬼 黎明録」は薄桜鬼本編の前日譚で、主人公は井吹龍之介です。いわゆる『乙女ゲー』ではありませんのでご注意下さい。

※当ブログの記事の転載・模倣はご遠慮下さい。

ゲームブログ 乙女ゲー

■キャラ別攻略メモ
土方歳三 (CV:三木眞一郎)
沖田総司 (CV:森久保祥太郎)
斎藤一 (CV:鳥海浩輔)
藤堂平助 (CV:吉野裕行)
原田左之助 (CV:遊佐浩二)/小鈴ED
芹沢鴨 (CV:中田譲治)
■キャラ別感想
土方歳三 (CV:三木眞一郎)
沖田総司 (CV:森久保祥太郎)
斎藤一 (CV:鳥海浩輔)
藤堂平助 (CV:吉野裕行)
原田左之助 (CV:遊佐浩二)
芹沢鴨 (CV:中田譲治)

【PS2】薄桜鬼 黎明録 2010年10月28日発売
【PSP】薄桜鬼 黎明録 ポータブル 2011年7月28日発売

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ
スポンサーサイト


| 薄桜鬼 黎明録 | 22:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薄桜鬼 黎明録 感想 芹沢鴨

「薄桜鬼 黎明録」感想 芹沢鴨ED (CV:中田譲治)
※ネタバレあります。ご注意下さい。

※当ブログの感想をパクる方がいますが、自分自身が感じたことを自分の言葉で感想を書くことができないのでしたらブログを運営する意味はないと思います。(警告:JUGEMブロガーの方)

『あいつらには、鬼になってもらわねば困るのだ。俺が、そう仕向けたのだからな』
なぜ自分で言ってしまいますか!言わぬが花。その判断はプレイヤーに委ねて欲しかったなと思いました。
龍之介の目にはこう映った、平間さんの目にはこう映った、お梅さんの目にはこう映った、プレイヤーの目にはこう映ったと…。ただ、プレイヤー想いの親切シナリオ(読ませる行間なし)だったので、結局のところ同じ印象だったかもしれません(笑)

それにしても、風間さんの登場のさせ方には感心したら良いのか呆れたら良いのか、よくわかりませんでした(笑) それでも、無駄に投げ飛ばされていた龍之介には…感謝です。

そして、芹沢さんの最後の命令により新選組の終焉を見届けることになった龍之介。
しかし、その役は一人で良かったのではないでしょうか。
平助ルートの『できればあいつらの生き様を最後まで見届けたい気持ちはあるが……。だけど、それはきっと俺の役目じゃない。』という龍之介のモノローグに涙した身としては複雑な思いです。なにより、千鶴の存在意義が薄れたような気がしました。

『……気持ち悪いほど、俺(芹沢)を持ち上げるのだな。』な芹沢ルートでした。

※当ブログの記事の転載・模倣はご遠慮下さい。

ゲームブログ 乙女ゲー

■攻略メモ
「薄桜鬼 黎明録」攻略 芹沢鴨
■キャラ別感想
土方歳三 (CV:三木眞一郎)
沖田総司 (CV:森久保祥太郎)
斎藤一 (CV:鳥海浩輔)
藤堂平助 (CV:吉野裕行)
原田左之助 (CV:遊佐浩二)

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ


| 薄桜鬼 黎明録 | 23:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。