乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デザート・キングダム 総評(フルコンプ感想)


「デザートキングダム」フルコンプです。独断と偏見でレビュー(5段階評価)しました。
満足【 5 4 3 2 1】不満
※当ブログの記事の転載・模倣はご遠慮下さい。

■シナリオ【5】
適度なボリューム。共通ルートから個別ルートに分岐。シリアス4:コミカル6の割合。
共通ルート(魔神ルーレットパート)は悪ノリ全開のネタ、個別ルートはキャラ設定を活かした良質なシナリオが楽しめます。

■キャラクター【5】
攻略対象キャラ6人。攻略制限あり。フルボイス。個性的で魅力あるキャラクター。キャラ同士の掛け合いが楽しい。
キャラ萌えもできると思います。声優さんは上手い方と下手な方と両極端な感じです。

■恋愛要素(糖度)【3】
甘さは普通。ストーリー展開に沿った恋愛イベント。
好感度UPポイントが選択肢よりもマップ移動時(キャラ選択)に多いので、攻略の手ごたえはあまり感じないかもしれません。

■スチル(CG)【5】
各キャラ11枚くらいです(差分スチル除く)。とても綺麗なCGです。ご褒美スチルは必見です。

■音楽(BGM)【2】
OP・ED曲どちらも作品に合ってないように思います。女性アーティストの方が良かったのではないでしょうか。BGMも全く面白味がありません。オトメイトさんの過去作品のBGMを少しアレンジしただけのように感じました。

■システム【3】
テキストを読み進めるアドベンチャー形式。セーブスロット12個。強制&既読スキップ、クイックセーブ&ロード、履歴システム等は快適です。魔神ルーレット画面の読み込みが遅いように思います。顔ウィンドウ(主人公の顔グラフィック)はON推奨です(笑)

■おまけ【3】
CG鑑賞、ムービー鑑賞、『セラといっしょ』(おまけシナリオ)と非常に寂しいおまけです。『セラといっしょ 魔神ED編』は全キャラ攻略後に見るのがおすすめです。

■満足度【5】
砂漠の王国キングダムを舞台に、魔力を失くした魔神・アスパシアが『真の魔神』を目指しつつ攻略キャラと絆を深めていく恋愛AVGです。
ネタゲー・バカゲーと認識されているであろうデザキンですが、管理人的には普通に良質な乙女ゲーという印象を持ちました。残念BGMやもっさりシステムでさえ「取るに足らない些細なこと」と思わせるほど、多彩な展開のシナリオと超個性的なキャラクターに魅せられました(笑) 明るく楽しい作品に大満足です。

■こんな方におすすめ
笑い・涙・ギャグ・シリアス、なんでも来い!な方、原画家・花邑まいさんのファンの方におすすめします。悪ノリが苦手な方、ノベルゲーが苦手な方は手を出さない方が良いでしょう。そして、スタッフ曰く(ユーザーの気持ちを代弁?)『定石を気にするような人はこんな作品に手を出さない……』そうです(笑)

■主人公(アスパシア)について
超前向きな性格。的確なツッコミ。序盤は口も態度も悪いが、終盤に成長が見られる。一通りプレイしてみて、とても好感が持てる主人公だと思いました。名前変更可。デフォ名呼びなし。

■おすすめ攻略順
セラ→シャロン→ヴィ→レジェッタ→イシュマール→ウンバラバッパー
攻略制限とネタバレを考慮するとコレしかないと思います。ご参考までに。
イシューは他キャラ4人(セラ、シャロン、ヴィ、レジ)攻略後にルートが開放されます。ウンバラはイシュー攻略後にルートが開放されます。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

■キャラ別感想
感想 セラ (CV:KENN)
感想 シャロン・アダバット (CV:松風雅也)
感想 ヴィ (CV:野宮一範)
感想 レジェッタ・サマル (CV:市来光弘)
感想 イシュマール・ヤハヴ (CV:津田健次郎)
感想 ウンバラバッパー (CV:寺島拓篤)
■キャラ別攻略メモ
攻略 セラ (CV:KENN)
攻略 シャロン・アダバット (CV:松風雅也)
攻略 ヴィ (CV:野宮一範)
攻略 レジェッタ・サマル (CV:市来光弘)
攻略 イシュマール・ヤハヴ (CV:津田健次郎)/主教エンド
攻略 ウンバラバッパー (CV:寺島拓篤)
攻略 魔神エンド/シャザーヌエンド

ゲームブログ 乙女ゲー
スポンサーサイト


| デザートキングダム | 21:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デザート・キングダム 感想 シャロン・アダバット

「デザートキングダム」シャロン・アダバットED感想 (CV:松風雅也)
※ネタバレあります。ご注意下さい。

宰相閣下ドストライクです。

カタブツな宰相・シャロンと自由奔放な魔神・アスパシア。正反対とも思える二人が心を通わせていく様はとても楽しく微笑ましいものでした。

人間らしくない人間と人間らしい魔神。宰相の願い『王家の復活』とシャロンの願い『自由になりたい』。魔神設定とルーレットの特性をうまく活かしたシナリオに大満足です。

シャロンのキングダムのための自己犠牲とルーレットに表れない『真の願い』を巡りぶつかり合う二人。そんな中、展開されるイベントがかなりおいしい。舞踏会、イシュマールの恋愛相談、星空観察、看病イベント、別れのキス、『鉄の宰相』ならではの萌えどころが満載です。

なにより魅力を感じたのは、シャロンの『声』です。『公平に怜悧に、感情にゆだねることなく職務を――』というシャロンの語りは聞き惚れるほど。
そして、非常にゾクゾクさせられた囁きが、『それに……あの男はもう人間ではないよ、姫』(ヴィルート)と『これはただの花瓶です。棚に戻しておきますね』(魔神ルート)です(笑) 演技はもちろん、声自体がとても素敵だなと思いました。シャロンを魅力的なキャラクターにして下さった声優さんに感謝です。

さて、本編ではアスパシアに振り回されていたシャロンですが、ED後は逆に持ち前の嫉妬深さでアスパシアを振り回しそうな予感です(笑)

『あまりに甘酸っぱもどかしくてつい……』なシャロンルートでした。

※FDもPSP移植も絶望的な状況にあるDK、残念でなりません。(2011年1月25日現在)

■攻略メモ
「デザート・キングダム」攻略 シャロン=アダバット
■キャラ別感想
セラ (CV:KENN)
ヴィ (CV:野宮一範)
レジェッタ・サマル (CV:市来光弘)
イシュマール・ヤハヴ (CV:津田健次郎)
ウンバラバッパー (CV:寺島拓篤)
■フルコンプ感想
「デザートキングダム」総評

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ


| デザートキングダム | 21:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。