乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「猛獣使いと王子様」総評(フルコンプ感想)


「猛獣使いと王子様」フルコンプです。独断と偏見でレビュー(5段階評価)しました。
満足【 5 4 3 2 1】不満
※当ブログの記事の転載・模倣はご遠慮下さい。
当ブログの感想をパクる方がいますが、自分自身が感じたことを自分の言葉で感想を書くことができないのでしたらブログを運営する意味はないと思います。

■シナリオ【3】
適度なボリューム。各ルートほぼ同一展開、若干描写不足。共通ルートから攻略キャラの個別ルートに分岐。

■キャラクター【5】
攻略対象キャラ6人。攻略制限あり。魅力的なキャラクター。フルボイス。キャラに合った声(声優)。キャラ萌えは確実にできると思います。

■恋愛要素(糖度)【5】
甘い。密着度高い。

■スチル(CG)【4】
きれいなスチルと立ち絵。背景(建物外観)は若干雑。今作の塗り方はmikoさんの絵と相性が良いように思います。

■音楽(BGM)【3】
作品に合ったOP・ED。面白味のないBGM。オトメイトさんの過去作品のBGMを少しアレンジしただけのように感じました。

■システム【3】
テキストを読み進めるアドベンチャー形式。強制&既読スキップ、クイックセーブ&ロード、履歴システム、フリーモフモフシステム、セーブ数12箇所。システムは快適です。フリーモフモフは面倒臭いです。

■おまけ【5】
グラフィック鑑賞、ムービー鑑賞、シナリオ再生、BGM再生、MofuMofu(フリーモフモフ)、Extra(4コマ、SS、イラスト)と充実のおまけ。

■満足度【4】
猛獣使いを目指している主人公が魔女の呪いにより動物の姿に変えられてしまった王子様たちの呪いを解くために奔走する恋愛AVGです。
シナリオ以外の要素は充分満足できました。とても魅力的なキャラクター達なので、きっとFDの要望も多いことでしょう。管理人は明るく楽しく気楽にプレイできるところが気に入りました。

■こんな方におすすめ
手軽に萌えたいという方、原画家mikoさんのファンの方におすすめします。適度なボリューム、きれいな絵、高めの糖度、攻略自体も簡単ですのでお手軽・お気楽にプレイできる乙女ゲーとして楽しめると思います。シナリオ重視派の方、ノベルゲーが苦手な方は手を出さない方が良いでしょう。

■主人公・ティアナについて
嫌みのない性格で好感が持てます。見た目も可愛らしい。名前変更可。

■おすすめ攻略順
攻略制限あります。攻略制限のないキャラはお好みの順で攻略して問題ありません。
クラウスはマティアス攻略後にルートが開放されます。シルビオはルシア攻略後にルートが開放されます。
ちなみに管理人は、マティアス→アルフレート→ルシア→エリク→クラウス→シルビオの順で攻略しました。迷われてる方はこの順番でどうぞ。

ゲームブログ 乙女ゲー

■キャラ別攻略メモ
攻略 マティアス (CV:緑川光)
攻略 アルフレート (CV:鳥海浩輔)
攻略 ルシア (CV:下野紘)
攻略 エリク (CV:梶裕貴)
攻略 クラウス (CV:安元洋貴)
攻略 シルビオ (CV:寺島拓篤)
■キャラ別感想
感想 マティアス (CV:緑川光)
感想 アルフレート (CV:鳥海浩輔)
感想 ルシア (CV:下野紘)
感想 エリク (CV:梶裕貴)
感想 クラウス (CV:安元洋貴)
感想 シルビオ (CV:寺島拓篤)

■関連商品
【PS2】猛獣使いと王子様 2010年6月24日発売
【PS2】猛獣使いと王子様 Snow Bride(FD) 2011年2月24日発売
【CD】猛獣使いと王子様 ドラマCD ~最強の花婿大作戦~ 2011年5月25日発売
【PSP】猛獣使いと王子様 Portable 2011年6月30日発売

ゲームブログ 乙女ゲー
スポンサーサイト


| 猛獣使いと王子様 | 21:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「猛獣使いと王子様」感想 エリク

「猛獣使いと王子様」感想 エリクED (CV:梶裕貴)
※ネタバレあります。ご注意下さい。
※当ブログの記事の転載・模倣はご遠慮下さい。

「(いろんな意味で)最強王子様」らしいシナリオと萌えが楽しめました。
本来ショタ、豹変キャラは好きではないのですが、エリクはなかなか良かったと思います。
癒し系エリクが若干鬱陶しく感じたということもありますが、通常の豹変ではなく銀の粉で本当の自分を封じ込めていたということが大きかったかもしれません。何より母親を想う気持ちから銀の粉を使ったというところが素敵でした。

それにしても、本来のエリクに戻った後は頼りがいがあり過ぎてどうしようかと思いました(笑)ワイルドな言動がなかなか刺激的です。

カスパルの秘密、本当のエリク、ハンネスのキツネ姿となかなか面白いものが見られるおいしいルートです。

兄弟の中で一番危険な第4王子でした。

ゲームブログ 乙女ゲー

■攻略メモ
「猛獣使いと王子様」攻略 エリク
■総評(フルコンプ感想)
「猛獣使いと王子様」総合評価
■キャラ別感想
マティアス (CV:緑川光)
アルフレート (CV:鳥海浩輔)
ルシア (CV:下野紘)
クラウス (CV:安元洋貴)
シルビオ (CV:寺島拓篤)

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ


| 猛獣使いと王子様 | 20:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。