乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雅恋 ~MIYAKO~ 安倍晴明 感想

「雅恋 ~MIYAKO~」感想 安倍晴明 (CV:中村悠一)
※ネタバレあります。ご注意下さい。

晴明様、将門(父)、葛葉(母)、壱号、弐号、参号。晴明様ファミリーの美しい家族愛を霞ませてくれた罪深きイベントは、何と言っても高笑いコンビ(晴明・道満)の半裸バトルでしょう。しかし、戦闘長い!服着てくれ!は、もはや賛辞(?) ネタとして笑い飛ばせるくらい突き抜けていた点は評価しましょう(笑)

そんな超絶バトルより残念でならなかったのが参号の存在です。創られた理由と方法、名前(彩雪)の秘密、どれも中途半端に感じました。何より晴明様の血から創られたのでは、ただの親子ではないでしょうか。そんな微妙な関係でイチャコラされても直視できるはずもありません。もう少し因縁深い存在理由(晴明・道満・菊花の三人共有エピソードかつ菊花の生まれ変わり設定)があっても良かったと思います。

突っ込みどころ満載の晴明様ルート。しかし、それがある意味救いだったかもしれません。なんだかんだ楽しめたので、とりあえず良しとしましょう(笑)

ゲームブログ 乙女ゲー

※当ブログの記事の転載・模倣はご遠慮下さい。
当ブログの感想をパクる方がいますが、自分自身が感じたことを自分の言葉で感想を書くことができないのでしたらブログを運営する意味はないと思います。ブログ閉鎖をおすすめします。

■攻略
「雅恋 MIYAKO」攻略 安倍晴明
■キャラ別感想
和泉 (CV:浪川大輔) 準備中
源頼光 (CV:櫻井孝宏)
式神・壱号 (CV:鈴木裕斗)
源信 (CV:井上和彦)
葦屋道満 (CV:森川智之) 準備中

※体調不良につき、晴明・和泉・道満のキャラ別感想は簡易Ver.とさせていただきます。

ゲームブログ 乙女ゲー
スポンサーサイト


| 雅恋 MIYAKO | 16:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雅恋 ~MIYAKO~ 式神・壱号 感想

「雅恋 ~MIYAKO~」感想 式神・壱号 (CV:鈴木裕斗)
※ネタバレあります。ご注意下さい。

晴明様に仕える炎属性の式神・壱号。ツンデレ、悲しい過去、晴明様への忠義、チーム式神、“ボクのしたいこと”あたりが見どころでしょう。

「ひとりじゃ勝てない、っていうのはわかったからな」
沙汰衆の罠にはまり式神の力を失った壱号。そんな彼を支え助けた式神仲間・弐号と参号。失ったものと得たもの。壱号はそれらを昇華し、一人での無茶な戦い方から三人で協力する戦い方へと変化を見せます。式神トリオが力を合わせて頑張っている姿は微笑ましくとても良かったと思います。

「べ、別にお前のためのおにぎりじゃないからな!」
ツンデレの鑑です。常仕でのツンデレイベントはじめ、二度の口付け(不慮の事故認定)、背中合わせの座り方。壱号と参号らしいとても可愛い恋に満足しました。

「ボクは……ボクたちは元々、朱雀と呼ばれる存在だ」
怨霊を封じるため、東夷の呪いを受けたまま朱雀へと姿を変じた壱号と弐号。そして、二人の帰りを待つ参号の前に現れたのは壱号ただ一人。器を失った壱号に自分の器を譲り渡した弐号。そんな弐号の優しさを見せられては、喜びよりも切なさを覚えます。完全に主役(壱号)を食っておりました。それ以前に壱号は自らの棒演技で自滅していたような気もしますが…。それにしても、人型弐号(月詠の夢参照)が好み過ぎます(泣)

紛うことなきツンデレに笑い、主への忠義・仲間との絆に泣き、PC版ありきの結末(弐号ルート)に怒り、壱号の棒演技に……といろんな感情を抱いた壱号ルートでした。

ゲームブログ 乙女ゲー

※当ブログの記事の転載・模倣はご遠慮下さい。

■攻略
「雅恋 MIYAKO」攻略 式神・壱号
■キャラ別感想
安倍晴明 (CV:中村悠一)
和泉 (CV:浪川大輔) 準備中
源頼光 (CV:櫻井孝宏)
源信 (CV:井上和彦)
葦屋道満 (CV:森川智之) 準備中

ゲームブログ 乙女ゲー


| 雅恋 MIYAKO | 20:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。