乙女ゲーム スコープ

乙女ゲームの攻略、感想、新作一覧、PSPリスト、おすすめリスト、発売日情報です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「水の旋律 PSP」総評(フルコンプ感想)


「水の旋律 PSP」フルコンプです。独断と偏見でレビュー(5段階評価)しました。
※辛口感想です。ご注意下さい。
満足 【 5 4 3 2 1】 不満

■シナリオ【1】
金太郎飴シナリオ。ボリュームなし。ストーリーに絡む恋愛要素なし。その為ちぐはぐさが目立つ。共通(九艘・一謡)ルートから攻略キャラの個別ルートに分岐。

■キャラクター【2】
攻略対象キャラ7人。キャラタイプは揃ってる。フルボイス。一部を除きキャラに合った声(声優)。

■恋愛要素(糖度)【2】
甘さは普通。ストーリーと絡まない単品かつランダム発生の恋愛要素(デート)。萌えシチュエーション(であろうもの)を並べただけで恋愛過程の描写なし。

■スチル(CG)【1】
商業レベルではない立ち絵とスチル。立ち絵は壊滅的。スチルは見られるレベルものが2枚程度。

■音楽(BGM)【3】
無難なOP、ED、BGM。

■システム【3】
マップ移動とテキストを読み進めるアドベンチャー形式。強制&既読スキップ、メッセージログ、クイックセーブ&ロード。

■おまけ【3】
アルバム、ジュークボックス、ムービー、クリアリスト。

■満足度【1】
人魚の肉を食べて不死となった八百比丘尼を題材にした伝奇ものです。
PS2版が発売された2005年当時は、このクオリティでも満足できたのかもしれません。しかし、残念ながら今は2010年。満足できるものではありませんでした。
粗いシナリオ、直視できない絵、ストーリーに組み込まれてない恋愛要素。唯一良かったのが設定です。それもトリプルコンボのせいで台無し(設定倒れ)になってますが…。とくに乙女ゲーの醍醐味である「恋愛過程」が描かれてなかったので、ひどくがっかりしました。ストーリーと恋愛が連動してないものを乙女ゲーといって良いのか、いささか疑問であります。いっそのこと九艘・一謡ネタは捨てて純粋な学園ものにした方がまだマシだったかもしれません。管理人的には、九艘・一謡ネタに恋愛要素を組み込んだ完全ノベルゲーでプレイしてみたかったところです。「学園ものSLG」か「伝奇ものADV」のどちらかに絞っていたら、もう少しまともな「乙女ゲー」になっていたのではないでしょうか。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ

■こんな方におすすめ
ものすごく好きな声優さんが出演していて気になるという方はプレイしてみても良いと思います。ただし、立ち絵やスチルは見ないでプレイした方がよろしいかと…。美麗イラストと称させる乙女ゲーを1本でもプレイしたことがある方は手を出さない方が良いでしょう。

■おすすめ攻略順
攻略制限あります。手塚京輔は桐原拓哉または桐原貴人を攻略するとルートが開きます。片瀬哲生は加々良愁一または明月圭を攻略するとルートが開きます。
手塚さんは最後に攻略することをおすすめします。手塚さん以外はお好みの順で攻略して問題ないと思います。
ちなみに管理人は、桐原弟→加々良→明月→桐原兄→片瀬→憲吾→手塚の順で攻略しました。ご参考までに。

■キャラ別攻略メモ(選択肢一覧)
攻略 桐原拓哉 (CV:子安武人)
攻略 加々良愁一 (CV:森田成一)
攻略 明月圭 (CV:遠近孝一)
攻略 桐原貴人 (CV:井上和彦)
攻略 片瀬哲生 (CV:檜山修之)
攻略 新野憲吾 (CV:鈴村健一)
攻略 手塚京輔 (CV:谷山紀章)
■キャラ別感想
感想 桐原拓哉 (CV:子安武人)
感想 加々良愁一 (CV:森田成一)
感想 明月圭 (CV:遠近孝一)
感想 桐原貴人 (CV:井上和彦)
感想 片瀬哲生 (CV:檜山修之)
感想 新野憲吾 (CV:鈴村健一)
感想 手塚京輔 (CV:谷山紀章)

ゲームブログ 乙女ゲー

【PSP】水の旋律 2009年12月24日発売
スポンサーサイト


| 水の旋律 | 20:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「水の旋律 PSP」感想 手塚京輔

「水の旋律 PSP」感想 手塚京輔ED (CV:谷山紀章)
※ネタバレあります。ご注意下さい。

手塚さんが真のメインヒーローではありませんか!八百比丘尼の遺言にある九艘と一謡のハーフの救世主です。九艘と一謡を人間にする力!? 最強すぎです(笑)
ご都合主義な能力ではありますが、その力を九艘と一謡の愛の結晶に持たせるという設定はなかなか素敵だと思います。ただ、その設定をシナリオに活かせてないのが残念なところです。
グッドEDでは特殊能力を持たない普通の人間のままです…。なんだかトゥルーEDを見た後だとバッドEDにも思えてきます(笑)
唯一人魚の呪いを解くことができた手塚さんのトゥルーEDは「水の旋律」の真エンドと言っても良いのではないでしょうか。主人公も人間に戻ることができる最高に幸せな結末です。この二人がくっつくのが一番でしょう。まさかまさかの救世主様でした。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲーへ

■キャラ別感想
桐原拓哉 (CV:子安武人)
加々良愁一 (CV:森田成一)
明月圭 (CV:遠近孝一)
桐原貴人 (CV:井上和彦)
片瀬哲生 (CV:檜山修之)
新野憲吾 (CV:鈴村健一)

ゲームブログ 乙女ゲー


| 水の旋律 | 22:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。